稽古週報

刀の縁で道場に集う者たちの、斬れる喜び、斬れない悩み。
斬った・斬れないだけでない、武徳院での日々をレポートします。
非日常的な刀が、いったい自分にとって如何なる存在なのかを模索する歩み、周り道・迷い道の足跡が稽古週報に記されてゆきます。
ただし、稽古の道の途上ゆえ、勝手な思いこみ、勘違いもあるやもしれませぬ。ご勘弁を……。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
この時代に真剣を持ち、剣の道を志すとは、ただ単に剣の歴史や文化といった狭い範囲に止まることなく、すべての先人達が残してくれた大いなる遺産である日本の歴史や文化に剣を持ってわけいり、自分自身の身体と心で丸ごと飲みこみ、咀嚼し、そしてそれを体現することだと僕は思っています。(本文より抜粋)
真剣----初めてそれを手にした時、老若男女を問わず、みな目を輝かせ、喜びにあふれた表情をするという。人の心の奥深くにある、最も原始的で純粋なところをぐっと掴んで放さない、「真剣」の魅力とは何か。試斬居合道の道場を主宰する著者が、その真髄を伝える。

amazon
セブンアンドワイ
師範の大伯父である作曲家・須賀田礒太郎の作品を集めたCD。小松一彦指揮、 神奈川フィルハーモニー管弦楽団演奏。音楽評論家・片山杜秀さんによる渾身の 解説つき。
須賀田礒太郎についての細かいことはbutokuin.comにて。

タワーレコード
HMVジャパン株式会社
武道を志す者の必読書。
山岡鉄舟の体得してきたことの集大成の書。剣禅一如とは、どのようなことか、無刀に至ったのはなぜかなど、鉄舟だから到達しえた境地。
芸事(当然「武芸」も含む)に関わる原点の書。数ある翻訳書の中でも、林望先生訳のこの本は初心者でも理解しやすく、おまけに原文、総ルビなので、これをRecommend!
密教を体系的に語り、現代においての意味を示す書。あやしい密教本を読んで、怪しげな教団に入って、痛い目を見ないためにも、この本がお薦め。
本来「不立文字」のものを文字で伝えようとした良著。巻末の禅語索引は秀逸。
パンクとは、音楽スタイルや外見などではなく、生きる姿勢、生きザマだということが、このアルバムから伝わってくる。PUNK IS ATTITUDEだぜ!
ラモーンズのベスト盤といえば、これだ!「1,2,3,4!」ではじまる軽快なパンクワールド。これ聴いて、元気になって、「Hey,Ho,Let's Go!」どっかにブッ飛んでんでいきたくなるぜ!
美は乱調にあり、あるいは、美は性を超える。あまりにも美しいから儚げにも見えるが、発表から30年以上経た今も聴き続けられるのは、実はその強さゆえなのだろう。
U2のアルバム、ベストは多々あるけど、やはり現在進行形が一番彼等らしい。来日公演の一曲目「City of Blinding Lights」の中のOh You Look So Beautiful Tonight!という一節で、バンドと観客が一体化した時の熱さと感動は忘れられない。
「TMGE106」Thee Michelle Gun Elephant
日本人によるRock&Punkの真骨頂。<ヤニで固めてるタンクちぎれて あふれだしたんだ「愛という憎悪」>一撃必殺のキラーチューン満載だね。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
奉納演武 :渡辺亮介
 

今年の奉納演武。
右袈裟を振りましたが、
去年より緊張しました。
去年は真向を振ったあとに目の前が開けた感覚があったのですが、
今年はそれを感じることができませんでした。
初めてだった去年よりも雑念が多かったのでしょうか。
今回感じた雑念を忘れることなく
来年の奉納演武では、雑念を少なくできるように
日々の稽古から雑念を斬れるように鍛錬していきたいと思います。

二日目の清麿展。
刀から発せられるパワーが巨大で
鑑賞を続けているうちに疲れを感じてきました。
見ている人を疲れさせるほどのパワーを持った刀を作ることのできる
清麿のパワーは計りしれなかったのではないかと思います。
清麿の刀の中で、特に印象深かったのは、
短刀でも刀や太刀などと同じオーラを放っているということです。
短刀なのに、小ささを感じさせず堂々と君臨している姿が印象的でした。
このような大変素晴らしい刀を鑑賞する機会を頂けたことに感謝しております。

10/5-6と実りのある時間を過ごせたように感じます。
来年の奉納演武でも実りのある時間を過ごせるように
日々鍛錬。
| 2013初秋:奉納演武 | 00:00 | - | trackbacks(0) |
奉納演武 :とこも

どんよりした天気のせいか、
いつものようなぴりりとしたモードになれず、
どんより始まってしまった今年の奉納演武。

慣れなのか、狎れなのか? はたまた雑念なのか?

掃除など、できる支度は師範に指示されるまでもなく
それなりにテキパキみんなで手分けして、
慣れているからこそ体が動く。
リラックスしよう、普段どおりという気持ちもあったが、
単にボケてただけな気もするし…

などと、あれこれ考えたところで後の祭り。
久しぶりのわりには斬れたし、それなりにといえばそれなりだけど
今後の宿題と思うところはきりがない。

ふだんの稽古で体は動いても
気持ちまで自在に動かせるには至っていない。
あらためて心技体という言葉を思ったのでした。


そして、翌日、みんなで清麿の見学。
佐野美術館の気合の展示のおかげで、地鉄や波紋が生き物のようにみえてきて
地鉄を見ろと言われる理由がようやく少しわかった気がしました。

その、延々と続く清麿は、どれも渾身の集中力が煮えたぎっているようで
なぜこんなにも集中力が持続できるのか、湧き出るものが枯れないのかというのが何より驚きでした。
刀を持つなら、このくらいの覚悟を…と突き付けられた思いでした。
(来年まで、この気持ちをどう持続するかが一番の課題だな…。)

今年も演武の機会を与えてくれたみなさまと、三嶋神社のキンモクセイに感謝。


 
| 2013初秋:奉納演武 | 00:00 | - | trackbacks(0) |
2013三嶋大社 奉納演武を終えて :鬼鞍 幸子

今回の奉納演武は“心ここに在らず”。この一言に尽きる。

気・剣・体を一致させて一刀両断と思ってはいたものの、
気がまるで整わなかった。
それは天気のせいでもなく、ほかの何かのせいでもなく、
己の未熟さのせい。

まわりがどんな状態であれ、
一年の成果を奉納することに集中しようと思ってはいたものの、
全く気が落ちていかずに散漫したまま。
そこは気持ちで!!と力を入れたため刀が止まらず、
床を思い切り直撃。
知らん顔をしたつもりだったが、後で動画で見てみると動揺がだだもれだった。

改めて文章にして振り返ると、全くもって情けない。

なんだか門下生への扉の前後でずっこけまくっていますが、
それが今の自分と認識し、腐らずスネず、愚直にやるのみ。
そう教えられた奉納演武でした。

最後になりましたが、
今年も三嶋大社 奉納演武という貴重な機会を与えていただき、
師範や大社の方々に深く感謝いたします。ありがとうございました。
































 
| 2013初秋:奉納演武 | 00:00 | - | trackbacks(0) |
刀鍛治見学記 : 渡辺亮介

先日、様々なご縁のおかげで鍛刀場の見学をさせていただくことになりました。
当日は、まだ六月下旬にも関わらずかなり暑かったです。
さらに鍛刀場は、林を抜けた先にポツンとあり、実社会とは隔離されたように感じました。
その場で、私は鍛冶屋の田中さんは刀を鍛えながら己を鍛えているように感じました。

見させていただいたのは、刀を作る工程の最初の方でありましたが、
それでもかなりの重労働であったように感じます。
夏場の炎天下の中で、あの作業を一人で行うのは相当応えるでしょう。



また、私は風を送って炎を強くする作業を体験させてもらいました。
風を送るための装置は意外と重く、さらには一定の速さで動かさなければならないため難しかったです。
このように繊細さや忍耐力が必要な作業を行うことで鍛冶屋自身も鍛えられていくのだと感じました。

まだ、私は自分の真剣を持っていませんが、いずれ持つ時までに己の鍛錬を怠らずに日々精進していきたいです。
最後になりましたが、関係者皆様このような貴重な経験をさせていただきありがとうございました。









| 2013初夏:刀鍛治見学記 | 00:00 | - | trackbacks(0) |
刀鍛治見学記 :小島 通

赤黒く光る鉄塊は生きている様だった。
人の心臓が脈動する様に妖しく色を変える。
打たれれば爆裂音と共に激しく火花を散らす。

2

折り返し鍛錬で物理的力を加えながら刀匠の念が入っていく、
そういう事が有り得る事が実感できた。


鍛刀場の近くの、龍が降りたという言い伝えの有る池を観てきた。
ゴルフコースの中に有るのだが、池の周辺は別の空間になっていた。
作刀の或る瞬間に龍や不動明王が降臨して、それを刀身彫にして残したという、
そんな妄想が湧いてきた。


今回貴重な機会を作って頂いた、田中刀匠と師範にお礼を申し上げます。

日本武徳院門下生 小島 通























| 2013初夏:刀鍛治見学記 | 00:00 | - | trackbacks(0) |
刀鍛冶見学 :鬼鞍 幸子

*重たい石”にしか見えないものが刀になっていく。初めて見る光景は面白かった。思っていたよりもオートメーション化されていたが、実際に刀匠が炎の色の変化を見極める姿は、やはり職人ならでは。生き物が相手なのだなぁと感じた。

それにしても大昔の刀の製法が途絶えてしまったのは残念である。さらに現代から未来に伝えていく事はこれまた大変な気がする。なにしろ刀は現代において必需品ではないのだから。“一家に一振”の時代になる事はないのだから。しかし実際に刀匠が刀を打つ姿を見たら、そんなことは関係なく、日本刀を作る技術や精神性が未来に続いていってほしいものだなと思った。


今回見学するにあたり、刀を作る工程を初めて勉強した。大雑把に作業しても大丈夫な過程と、本当に繊細に作業しないと全てが台無しになる過程。色々な過程を経て刀になっていく様は、人の人格形成の過程と同じように思える。そしてそれをどのように使うかによって、有益な道具になるのか、優れた武器になるのか、美しい芸術品になるのか、はたまた凶器になるのか、道が大きく分かれていく。そこもまた人と同じだ。後付だが感想文を書きながらふと思った事である。


今回の見学会開催にあたりご尽力いただきました方々、ありがとうございました。また師範の特異なご縁にも感謝いたします。






















































| 2013初夏:刀鍛治見学記 | 00:00 | - | trackbacks(0) |
刀が作られる現場をみて :戸田浩史

先月の天気の良い日の事になります。


師範の縁により田中貞徳さん(刀匠)の方の工房にて日本刀の制作過程を見学させて頂ける機会がありました。


普段、真剣を使って道場で稽古をしていますが、実際に日本刀が作られる現場というのは今まで見る機会はありませんでした。

知っていたとしても映像や本、師範から聞いた話の中だけで「こんな風に作られているんだな」と薄ぼんやり考えていました。



実際に工房を見た時、考えていたよりコンパクトに収まっている感じに感じました。

やはり一人で仕事をしているとなるとあまり無駄に動きまわらなくても作業が進める様になり、こんな形になるのだろうなと感じます。


見学はその工房の中で、行われ刀が出来る工程順に材料の状態を紹介して頂く形でスタートして、折り返し鍛錬をするところまで見せて頂く流れで進んでいきました。


しかし、実際の炉というのは何とも不思議でそこで起る火は何とも独特な雰囲気を感じます。

炉の中に木炭をくべて、種火を使って一気に燃え上がるのを目の前で見ていると何とも不思議な感じを受けました。


はじめは小さかった種火があっという間に炭を燃やし炎になる時は結構感動しました。

その中で玉鋼を炉の中で熱し、熱くなれば取り出し槌で鍛え、また炉に戻す。

この繰り返しですが、非常に張り詰めた緊張感があり傍らで見ている僕も真剣にみていました。


刀を作る時の最初の工程まででしたが、実際に見てみないとやはり本当のところはわからないのだなと感じます。


その後に、使用している道具を持たせてもらったり鞴を使って火を起こすところをやらせて頂いたりと、こちらも中々体験出来ない事をさせて頂きましたが、道具については片手で持つ事も結構キツイく真剣よりも重いのではないかと思う位でした。


実際には腕の力だけでなく体全体を使って体に無理がこないように扱うのですが、こんなところでも道場で刀を使う時の感覚と一緒なんだなと感じます。


また、鞴については単純に楽しかったですね。

火というのは見ているだけでなんか時間を忘れさせてしまう効果でもあるのでしょうか。

とても不思議な時間を体感することが出来ました。


こういった工房で刀を作られているのだなと良い体験ができました。


































| 2013初夏:刀鍛治見学記 | 00:00 | - | trackbacks(0) |
「日本刀には魂が宿っている」:一ノ木直樹


誰が言い出したか分からないが、誰もが聞いたことのあるような言葉である。

しかしながら、どの工程でどのようにして魂が入っているのか正しく見た人は何人いるのだろうか?

自分も日本刀を見、手に取り、それに宿る魂を感じてはいるものの、どうやって魂が入っているのかは妄想するしかなかった。



今回、千葉県白井市にある田中刀匠の工房を訪れ、鍛刀の様子を一部見学させていただく機会を得て、どのように魂が込められているのかを目の当たりにすることができた。

作刀方法には流派によって異なるが、田中刀匠の場合は柔らかい鉄を中心部に、硬い鉄がそれを覆う形に合わせて引き伸ばす作刀法である。

柔らかい鉄、硬い鉄はそれぞれ折り返し鍛錬と言われる方法で二つ折りにしては伸ばし、二つ折りにしては伸ばし・・・という鍛錬を行い、鉄の塊から不純物を取り除いていく(いわゆる、鉄を強くするということ)


個人的な妄想ではこの叩いて折り返していくところこそが魂の入るところと思っていたが、実はそうではなさそうでした。

現代の刀匠は機械のハンマーでガンガン叩いて折り返し鍛錬を行う。

どちらかといえば、大きな緊張感もなく、「あー、よいしょっ。叩くと熱いのが跳ねるよ」という感じでした。


39カブキ用


では、どこで魂が入っていると感じたかと言うと、刀匠の眼差しから魂が込められているように感じた。

鉄を柔らかくするための火を扱う刀匠の眼差しはまさに真剣。

火の色を見ながら、それがどの程度の温度かを見極め、鉄を叩くのに最適な温度となった頃を見計って鉄を取り出し、すぐに叩く。

叩かれる鉄からは火花(不純物)が散り、折り返されてはまた火にくべられる。



今回は折り返し鍛錬の部分だけの見学であったが、焼入れなどの工程では更に気合いの入った眼差しで刀を見られているに違いない。

このようにして日本刀には魂が込められて作られていくのだということを実感できた工房見学でした。

 


日本に刀匠はおよそ300〜400人程度おられるらしい。

その中でも田中刀匠のように刀匠家業だけで生計を立てられている方はごくごくわずか。

「日本刀は人を斬るものだから怖いものだ。持っているだけで逮捕される」という誤認識が多い昨今、刀匠家業だけで生計を立てるのは至難。

せめて、我々日本武徳院の一同が正しい刀と人と生活の在り方を体現し、人々の日本刀に対する誤解を解くことで全国の刀匠や関連工芸(鞘師・研ぎ師など)に携わる方々が安心して文化の継承していけるような世の中になっていけばよいと思う。













| 2013初夏:刀鍛治見学記 | 00:00 | - | trackbacks(0) |
刀匠と炎  :とこも
 


炎と火花が、ふいごに合わせてはじけ、躍り出す。

はじめは狂った勢いのように思ったが、

それは刀匠によって制御されているのだと思い直した。


炎の中からするりと引き出された鉄は、

芯まで赤められ、光の塊のようだった。

物質でありながら、質量が一定せず揺らめいている感じは

生きものと言った方がしっくりする。




その光の塊からしたたり落ちる雫。

激しい鎚から弾き出される火花。

そうして、わずかな生産量の玉鋼から、余分なものをそぎ落として

刀は形を現していく。


自分中にも、あの鋼鉄スラグみたいな

余計な真っ黒なドロドロが溜まっているんだろうなあ

それをそぎ落として行けば、刀も迷いなく振り抜くことができるのかなそんなことを思ったのでした。


貴重な機会を作ってくださった皆様に感謝!
















| 2013初夏:刀鍛治見学記 | 00:00 | - | trackbacks(0) |
「鍛冶場を訪ねて」 :竹中三穂


秀でたスポーツ選手は皆歯並びが美しいという。

久しぶりに訪ねた田中刀匠の笑顔は涼やかでとてもきれいだ。

白く美しい歯並び。


四角い鉄の塊から手鎚一本であのなめらかなカーブを描く日本刀を打ち出す。

そこには一流のアスリートにも似た自己鍛練と精進の世界があるのだろう。


今の世で刀鍛冶として生きることはとても大変なこと。

そして一振りの刀が世に出る迄には、研師さん、ハバキ師さん、鞘師さん、柄巻き師さん、塗師さんなど数多くの職人さんの手を経なければならない。

しかしそこに銘を刻み名が残るのは刀鍛冶なのだ。


92


標の張られた鍛冶場で白い作務衣姿の田中刀匠が鞴を操り炎を統べる。

鉄が紅く煮え火花が輝く。

神に納めるために鍛冶した人々の末裔の姿を目にすることができるのはなんという僥幸。

この機会与えて下さった刀匠と武徳院に深く感謝したいと思う。

















| 2013初夏:刀鍛治見学記 | 00:00 | - | trackbacks(0) |
<< 3/17 >>