稽古週報

刀の縁で道場に集う者たちの、斬れる喜び、斬れない悩み。
斬った・斬れないだけでない、武徳院での日々をレポートします。
非日常的な刀が、いったい自分にとって如何なる存在なのかを模索する歩み、周り道・迷い道の足跡が稽古週報に記されてゆきます。
ただし、稽古の道の途上ゆえ、勝手な思いこみ、勘違いもあるやもしれませぬ。ご勘弁を……。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
この時代に真剣を持ち、剣の道を志すとは、ただ単に剣の歴史や文化といった狭い範囲に止まることなく、すべての先人達が残してくれた大いなる遺産である日本の歴史や文化に剣を持ってわけいり、自分自身の身体と心で丸ごと飲みこみ、咀嚼し、そしてそれを体現することだと僕は思っています。(本文より抜粋)
真剣----初めてそれを手にした時、老若男女を問わず、みな目を輝かせ、喜びにあふれた表情をするという。人の心の奥深くにある、最も原始的で純粋なところをぐっと掴んで放さない、「真剣」の魅力とは何か。試斬居合道の道場を主宰する著者が、その真髄を伝える。

amazon
セブンアンドワイ
師範の大伯父である作曲家・須賀田礒太郎の作品を集めたCD。小松一彦指揮、 神奈川フィルハーモニー管弦楽団演奏。音楽評論家・片山杜秀さんによる渾身の 解説つき。
須賀田礒太郎についての細かいことはbutokuin.comにて。

タワーレコード
HMVジャパン株式会社
武道を志す者の必読書。
山岡鉄舟の体得してきたことの集大成の書。剣禅一如とは、どのようなことか、無刀に至ったのはなぜかなど、鉄舟だから到達しえた境地。
芸事(当然「武芸」も含む)に関わる原点の書。数ある翻訳書の中でも、林望先生訳のこの本は初心者でも理解しやすく、おまけに原文、総ルビなので、これをRecommend!
密教を体系的に語り、現代においての意味を示す書。あやしい密教本を読んで、怪しげな教団に入って、痛い目を見ないためにも、この本がお薦め。
本来「不立文字」のものを文字で伝えようとした良著。巻末の禅語索引は秀逸。
パンクとは、音楽スタイルや外見などではなく、生きる姿勢、生きザマだということが、このアルバムから伝わってくる。PUNK IS ATTITUDEだぜ!
ラモーンズのベスト盤といえば、これだ!「1,2,3,4!」ではじまる軽快なパンクワールド。これ聴いて、元気になって、「Hey,Ho,Let's Go!」どっかにブッ飛んでんでいきたくなるぜ!
美は乱調にあり、あるいは、美は性を超える。あまりにも美しいから儚げにも見えるが、発表から30年以上経た今も聴き続けられるのは、実はその強さゆえなのだろう。
U2のアルバム、ベストは多々あるけど、やはり現在進行形が一番彼等らしい。来日公演の一曲目「City of Blinding Lights」の中のOh You Look So Beautiful Tonight!という一節で、バンドと観客が一体化した時の熱さと感動は忘れられない。
「TMGE106」Thee Michelle Gun Elephant
日本人によるRock&Punkの真骨頂。<ヤニで固めてるタンクちぎれて あふれだしたんだ「愛という憎悪」>一撃必殺のキラーチューン満載だね。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『禅語百選』を読んで   :竹中三穂

訳のわからない会話を禅問答みたいだと言うけれど、
なぜ禅問答が解りにくいのか?

この本のまえがきを読んでわかりました。
解っちゃいけなかったからです。



仏教が禁教となり経典も仏像も失った僧侶達は身一つで山に入り修行を続けました。
そこへ求道者が教えを求めて会いに来ます。
禁教ゆえに教義の言葉で教え教えられることはできません。
それでも命がけで道を求めている者同志には伝わる言葉。
その時の言葉は多分理屈をこねくりまわして意味を探るような言葉ではなく、一瞬の洞察で互いに確認し合うような言葉なのでしょう。

禅語というとお茶のお稽古の時目にする掛軸のイメージでした。
この本を読んで知識は広がりましたがびっくりしたこともあります。「喫茶去」の一休和尚と珠光師のエピソードは凡夫には衝撃でした。「柳は緑、花は紅」大好きな言葉なのでが。
 折に触れ読み返して糧としてゆきたい一冊でした。













| 2013春:読書それぞれ | 00:00 | - | trackbacks(0) |
禅語百選を読んで :カブキ

禅語百選を読んで、
ほとんどの内容がスッと頭に入ってくることはなかった。
やはり、行動が伴っていない以上、
文章だけを読んでも体で理解することは難しいものだと思った。



その中でも、気になったことが
「真空不空」「色即是空、空即是色」。
現在の口頭試問において自分の中でモヤモヤしていたものが、
この言葉で表されているように思える。

調息の底を見つけようと呼吸していても、
それを見つけようとすること自体に邪魔をされて
調息ができていない状態だと分かった。
しかし、無駄に物事を考えないようにすると、
自律神経が勝手に浅い呼吸を行って調息になっていない。
この相反することの真ん中を捉えて、
適度に行うことが調息ではないかと思うが、
まだ至らない。
余計なもの一切を捨て去る「放下」が
まだまだできていないということです。



そして、「摘茶更莫別思量」。
茶を摘むときはそれを一心に行うことが大切であり、
その場その場は何一つ良し悪しがなく、自分にとっては
修行の場(道場)であるという考えに思い知らされた。
いついかなるときも、どんな状態であっても、
それは自分の修行の場であり、成長する機会である。

だからこそ、調息だって別に坐って行うだけでなく、
電車の中で立ちながらでも行える。
そういうように考え、
いつだって自分を高めていくことをしなければ、
今の迷走を突破できない。

最後に、「煩悩即菩提」。
調息というお題に悩んだ。
物質的なところしか見ることができない分、
答えが陳腐なものばかりであった。
しかし、その悩みがあってこそ、
煩悩即菩提という言葉が心にしみた。

答えを初めから持っておらず、
その体も心も答えを理解できるような器でなければ、
たとえ文字上の正解であったとしても、それは真になりえない。
何度も悩むことを糧にして体と心をつくり、
日常を修行の場とすることで
いつかは答えが生まれるものだと思えるようになりました。


これを機に、よく悩み、よく鍛えて精進していこうと思うようになりました。






| 2013春:読書それぞれ | 00:00 | - | trackbacks(0) |
新渡戸稲造著『武士道』を読んで  :鬼鞍幸子

私が武徳院に入会しようかどうしようかと迷った一番の理由は、
“ちゃんとしていないから、すぐに破門になるかも”でした。
(実際には入会してから入門を許されるまで、かなりの時間がかかるので、
 退会命令が正しい表現なのでしょう)



今思うと、私が危惧していたちゃんとしていないの『ちゃんと』とは何だったのか。
それは武士道の精神を漠然とであるが感じ、
自分は正しい行いが出来る自信が無いから迷っていたのだと思います。
その漠然と感じていたものがこの『武士道』に分かりやすく書いてありました。
それがこの本を読んで一番良かったことです。

私は会社で穏やかとは程遠い態度をとることがあります。
それは自分の損得だけで行動する人や、
義務を果たさないのに権利ばかり主張する人(場面)に出会った時に顕著に現れます。
思い切り不愉快です!!と態度で示し、発言してしまうのです。
また、何もしないことが最善の改良と信じているのか、
意見を戦わせることをせず、場をやり過ごすだけの人にも腹が立って仕方がありません。
このように自分の中に発生した“怒り”を咀嚼できず、
怒りの感情のままに礼節を欠いた行動や発言をとってしまっては、
ただの切れやすい人と同じです。



さてここで、自分自身の行動を振り返ってみると、
本当に打算や損得を離れているかと言えば、疑わしいと思います。
“人のため”“みんなのため”と言いながら、
回りまわって“自分のためになる”と計算している時もあり、
「サムライって根性ないと出来ないわ」なんて感心してしまいました。
さらに根性で我慢していたのではなく「怒りと欲を捨ててこそ、常に心は楽しむ」とは!!

他との比較や優劣ではなく、
自分の根源に自分自身が真正面から向き合い向上していくことが私の今の課題です。
本当に昔にいた武士・サムライから見れば笑ってしまうくらいの弱い精神力ですが、
真剣を持てるその日までには、
今よりも“道”に携わる者として鍛錬が積めていると良いなと思います。



| 2013春:読書それぞれ | 00:00 | - | trackbacks(0) |
「日本人としての心」〜武士道を読んで :よしこ
日本人としての誇り・愛国心。やっぱり日本人で良かった―感謝―。
読み終わったときの最初の感想です。

『仁』慈悲の心
 「もっとも勇気ある者はもっとも心優しい者であり、愛ある者は勇敢である」

この一文は私の課題としている「本物の強さ(自己を律する)と他人に対しての優しさを身につける」と同じだと感じ、また一番好きな仏様、弥勒菩薩を私は法華経で『慈悲』の象徴として教えて頂いているのですが、この章でそれが合致しました。




そうか結局私はここに強く惹かれ共感するのだな…。
いまだ眠っている私の『サムライ魂』ちょっと笑ってしまいました。

しかし、昨年の「3.11大震災」の時、多くの人がとった行動。これは私たち日本人の 心の奥に眠っていた『サムライ魂』が表面に現れた結果なのではないでしょうか。
集団パニックや暴動も起こさず、事が大きければ大きいほど逆に冷静になる精神力・耐え忍ぶ・他人を思いやる心。
残念ながら喉元過ぎてしまうと多くの人がこの『サムライ魂』をまた眠らせてしまったようですが…。
今、若い人達にこの本を読んでほしいと思います。
この気高き『サムライ魂』=『日本人としての心』を忘れさえしなければ、
この先どんなことが起きたとしても、前向きに凛として頑張れる。

 ――私は日本人だから――。

私にそんな勇気を与えてくれた一冊です。  合掌

           練習生 川口禎子








| 2013春:読書それぞれ | 00:00 | - | trackbacks(0) |
『持たない贅沢』を読んで :はやと

自分にとっての「幸せ」とは何かと考えさせられた。

人には物欲・名誉欲・その他色々な欲があり、それが行動の原動力になる。
ただ、自分がその「欲」に縛られ、結局は自分の「幸せ」を遠ざけてしまっていたりもする。
分かっていても、そのコントロールは難しい。 
型や斬るのと同じで・・・。




縛りの全てがいけないとは思わない。良い状態にも悪い状態にも作用する。
そこをうまく活用していきたい。

ここ最近は自分の許容範囲以上の事をこなそうと無理をしてきたかもしれない。
余裕はまったくなく、自分自身もまわりもみえなくなってきてしまっている。

いい機会なので一度、自分の足元をみて地に足が着いているのか確認をし、
その先を考えなくていけない。
「自分らしく」「適当に」、その先の「幸せ」の為に…。日々鍛錬
                                       はやと




| 2013春:読書それぞれ | 00:00 | - | trackbacks(0) |
『禅語百選』を読んで :とこも
つばぜり合いだの、土壇場だのといった
刀にまつわる言葉が日常生活になじんでいることに道場に通い始めた頃に驚いたが、
禅にまつわる言葉もまたしかりだった。

一期一会とか、日々是好日とか。
へぇ、そうだったのか。ということがいくつもあった。

それにしても意外だったのは、
一番最初に登場する、「不立文字」。

週報03

そのまま読めば、文字を立てないとなる。
それは 「文字が不要というのではなく、文字や言語には限界があって、
それだけでは十分に表現できないものがあることを言います。」(『禅語百選』20頁)

最初にそう言われては、なんだかあらかじめ逃げをうっているようにも思えるが、
刀の稽古でも同じで、言葉では伝えられないものがあるから、
自分で刀を振るしかないのだろうと思う。
同じ言葉でも、読むときによって受け取り方や考えることが少しずつ違う。

なんか、いいことを言っているようでも全然頭に入らないときもある。
一気に読み終えて、何かを考えるという本ではなく、
ぽつりぽつりと、いろんな心持ちのときに言葉と出会う。
そんな本と出会わせていただけたことに、感謝です。
| 2013春:読書それぞれ | 00:00 | - | trackbacks(0) |
『武士道』を読んで :渡辺亮介
残念なことに自分の読み解く力や人生経験が乏しくこの本の内容を理解できなかった。

その中でも感じさせられたことは
"嘘は「心の弱さ」"
"刀へ対しての敬意"である。

週報08

まず、嘘をつくのは良くない。これは人として当たり前のことであると自分は思っている。
自分を守るためや自分の利益のために嘘をつく人間は最低だ。
時には他人のことを想っての嘘は必要ではあるが、自分の為の嘘は醜い。
そのため、武士道では嘘は心の弱さとされ、不名誉なこととされたのであろう。

次に刀への敬意。

自分はまだ真剣を手にしてなく、模擬刀で稽古をしているが、
模擬刀だからといって敬意を忘れてはいけないと常に思っている。
かつての武士のように、刀を持つことができることに誇りを持ち、
刀と共に精神や肉体を鍛え、日々成長するつもりだ。

修業を重ねて成長をした時にまたこの本を手に取り、武士道とは何かを考えてみたいと思う。
今は、頭で考えるのではなく、体で鍛錬するのみ。

                          渡辺亮介






| 2013春:読書それぞれ | 00:00 | - | trackbacks(0) |
『武士道』の感想文  :戸田浩史

この本を読んでいる最中、明治の時代を生きていた方が「武士」をどのように感じていたのか考えながらよんでいました。



それぞれの項目で当時武士が持っていたモノについて海外の方に分かりやすく書いていく為にどれだけ、想いというか執念をもやしていたのかと考えると想像出来ません。

また、文字が羅列されているだけなのに想いがヒシヒシと伝わるというか、作者と会話しているような錯覚にすら感じました。

実際にその場で質疑応答されているみたいで、教師と生徒という関係でしょうか。

当時の事を知らないため、素直に心に落とし込んで、最初は正直内容はよくわかりませんでしたが、読み返していくにつれて理解が深まるというか
言っている事に対して、なるほどと思えるように感じます。


実際、当時の武士道がどのようなものであったかは、こういった書物でしか分からないので、本当に本に残して頂き有難うとういう気持ちで読むようにしています。


読み進めていくと当時の海外から観た日本という視点で書かれており、訳のおかげもあるとおもいますが当時の温度感での海外と日本の差というのを今の僕でも分かりやすく。
実際日本人だからなのか日本という環境が由来するのかわかりませんが、西洋人から見たら不思議な国かもしれません。

これだけ情報伝達の仕組みが発達した現在でも、国を超えると風習や考え方に面食らう時があるのですから、当時にしてみればそれは本当に衝撃的な事ばかりなのでしょう。

誤った日本感といのが当時どの程度広まっていたのか分かりませんが、この本を出すきっかけになる程度には西洋人には日本が理解できなかったのだと思います。

過去でも現在でも考えや想いを文字に起こす事は非常にパワーの要る行為で、むしろ昔の人は今みたいにお手軽に本にする事は困難なのだから、
生半可な覚悟でそもそもこの本書かれていないわけですが、それだけに武士道というのは先人の熱い想いが通ったものなのだなと改めて感じました。


過去の武士や刀鍛冶、僧侶などから色々と受け継がれ実践し続けてきたからこそ今の僕たちは直接教えられていなくても、日本人である事だけで先人が実践してきた遺産を受け継げるのかもしれません。

それだけ大切なものを、ただ散財してしまわないように己を律して、その文字、言葉が刀と同格である事を意識しつつ日々励んでいきたいと改めて感じました。
| 2013春:読書それぞれ | 22:47 | - | trackbacks(0) |
『禅語百選』を読んで  : 小島 通

一ひとつひとつの言葉に深味が有り、
難解なものも多くなかなか先に進めなかった。

この世のすべての物に仏が宿っている。
真理は元来、自身の中にある。 
その純粋な人間性に気付くことだ。 
そのためには、自我・あらゆる執着・相対知・妄想を捨てろ。
余計な知識も邪魔になる。すべての物をありのままに見るだけだ。
考えるだけでは得られない。言葉や文章にする事も難しい。 
その実感は努力し修行を重ねる事によって 
受け手の用意が整ったとき初めて得られるのだ。 

 理解できたかもしれない事を書き連ねてみるとこうなるのだが、 
なんだか軽すぎる。 
要約してみたら、別物になってしまった。 
原文に有る風格や滋味が抜け落ちているからだろう。 
今回知った禅語を、少しでも日常や道場で活かしていきたい。

               小島 通
| 2013春:読書それぞれ | 00:00 | - | trackbacks(0) |
 1/1